バイク買取の注意事項

subpage01

乗らなくなったバイクは何時までも持っていても利用価値はありません。
もっとも、ディスプレイとしてインテリアで使うと言う方法もあるでしょうが、極めて稀な例と言えるでしょう。
やはり、売ってしまうのが良い方法です。


早ければ好条件でのバイク買取の可能性も高まります。



バイク買取の査定業者はいくつもあります。


最近の流行はやはりネットでの査定でしょう。

簡単な入力条件を入れるだけで一度に数社から見積もりを得ることが出来ます。


年式や走行距離、週履歴や車体カラーなどの諸条件で査定額が提示されます。


でもここで、注意が必要です。
バイク買取のネット査定は現物を買取り業者が見ないで行っています。

朝日新聞デジタルに関しての関心度が高まっています。

そのため提示された金額はあくまでも参考価格となります。
過去の実績から算出されていますので大きな乖離は無いでしょうがそれでもある程度の範囲で示されることが多くあります。
たとえば、40万円から50万円という金額の提示になるということです。


売る側からしてみると高い金額に目が行きますが、ここではまだ思い込まないほうが良いです。

あくまでも実際の査定は業者が現物を見て行うからです。
当然下がることもあります。実物を見ての業者の査定時にはいくつか質問を受けることがあります。
高く売りたいがために都合の悪いことを言わないと言う方法もありますが、相手はその道のプロですので見透かされてしまいます。



正直に情報を相手に伝えることで無用なトラブルを回避することが出来ます。